第2回
「計測&フィッティング&ウォーキング」
グループ体験会実施レポート

Event Data

2016年8月25日実施
<昼の部>
貴島 弓雅 講師/7名ご参加
<夜の部>
上原 響子 講師/6名ご参加

足を3D計測して、パンプスを履き比べて、初体験のピッタリ感で素敵に歩く。

前回と同じく昼の部のナビゲーターはポスチュアウォ―キング協会スタイリストの貴島先生。夜の部は同じ協会の上原先生に担当していただきました。3D計測の後、みなさまにさまざまなサイズのパンプスをフィッティングしていただき、ピッタリの1足を選んでいただきました。まずは今まで「私のサイズ!」と、思い込みで履いていらしたサイズのパンプスで歩いていただき、次は今回、ピッタリと感じたパンプスで歩いていただきました。驚いたことに、思い込みで履いていたサイズのパンプスは、ほとんどの方がブカブカでした。

さあ、足に合わないサイズのパンプスは置いておいて、ピッタリパンプスでウォーキング!まずは両腕を思い切り伸ばして、ストレッチ。「背骨をまっすぐ、頭を引き上げて、お腹を引っ込めて」「女性らしい歩き方は、1直線上を歩くこと」「キレイに歩く事は、ご自分のためだけでなく、その周りにいる人々をも幸せにします」などなど。納得のレクチャーを聞きながら、ビッチリ1時間歩く練習。休憩時間に足のむくみをとるツボマッサージも伝授され、みなさまとても嬉しそう。ピッタリパンプスでのウォーキングを楽しんでいらっしゃいました。

参加者の声

自分の足にピッタリサイズの靴だと、歩行時の重心がしっかりすることがわかりました。サイズは自分が思っていたより、0.5cm小さいサイズがベストでした。(ルークママ)

今まで自分に合っていると思っていた靴がまったく違っていて、びっくりしました。ウォーキングは短い時間でも意識することで、ずいぶん美しく歩けるようになりました。(くーさん)

今まで自分の足に合う靴に出会えたことが無く、歩くことが苦痛でした。足に合う靴を履くと歩くことに集中できます。これから意識して歩く事を楽しみたいです。(TAE)

普段歩き方を意識しないので、どう歩けばいいのかわかって、とても良かったです。歩き方と靴のフィッティングがあっていれば印象を変えられるということに感動しました。(WS)

第1回
「計測&フィッティング&ウォーキング」
グループ体験会実施レポート

Event Data

2016年7月25日実施
<昼の部>
貴島 弓雅 講師/5名ご参加
<夜の部>
上原 響子 講師/5名ご参加

ピッタリサイズのパンプスを体感しながら、歩き方を学ぶ。

昼・夜の部、各5名の方がご参加くださいました。
昼のナビゲーターは、ポスチュアウォーキング協会スタイリストの貴島先生。夜のナビゲーターは同じ協会の上原先生に担当していただきました。みなさま3D計測はもちろん初体験。今まではご自分の足のサイズが思い込みサイズで、本当のサイズと5mmや1cmも違う方もいらっしゃいました。パンプスメソッド研究所i/288の288フィットコンシェルジュにアドバイスされながら、ご自分の足で、ピッタリサイズのパンプスを体感し見つけていただきました。

さあ、いよいよ、ウォーキングへ。「みなさん、背筋を伸ばして!」「今日のあなたは、女優です!」。貴島先生、上原先生の歩く姿をマネながら、鏡に映るご自分のウォーキングを確認。1時間以上、たっぷり、ピッタリサイズのパンプスで素敵な歩き方をトレーニング。あっという間に、みなさま素敵なウォーキングができるようになりました。親子でご参加くださった方も、お友達とご一緒にご参加くださった方も、大満足。後日、もっと、ご自分の足を詳しくお知りになりたい方が、お友達とお二人で予約をされていかれました。

参加者の声

ピッタリなサイズの靴を履いて歩いてみたら、きれいに歩くことに集中できました。きれいに歩けると靴も喜んでいるみたいで、自分の気持ちが華やぎました。(tomoさん)

正しく歩くためには、歩きやすい靴が必要だと思っていました。
足にあった靴だと、パンプスでも疲れず、美しく歩けることを実感しました。
(みーさん)

びみょうなサイズの違いによる感覚の違いが分かってよかったです。
ウォーキングはこれから毎日やってみます!(F.Tさん)

自分の足のサイズより1cm以上大きい靴を履いていることを知りました。今後の靴選びの参考にします。
女性らしい歩き方もマスターしたいなと思いました。(れもんさん)